システム運用保守支援サービス

策定した新業務プロセスの現場への導入・定着を支援する、
システム運用保守支援サービスも提供しております。

大規模システム導入時に避けては通れないのが、新規運用プロセスの構築及び現場への導入・教育です。

ツクイ・インターナショナルでは、課題解決まで踏み込んだ運用設計から、現場のメンバーに対する新規プロセスの導入トレーニングまで、運用改善、定着を目的とした各種運用支援サービスを提供しております。

システム運用保守支援サービスの特徴

01運用設計支援

■業務分析時に策定した新業務プロセスを基に、現場の作業レベルまでブレークダウンした運用プロセスを策定いたします。

■運用開始後の各種ルール、ポリシーを定めた、運用管理基準書を作成いたします。

■具体的な運用手順を確立し、運用マニュアルを作成いたします。

■新プロセスを踏まえた、運用体制案を構築いたします。

02移行/導入支援

■システム開発スケジュールと連動した、詳細な運用移行計画を策定いたします。

■業務移行の支援チームを組成し、現場の業務移行・引き継ぎ作業を全面的にサポートいたします。

■テスト計画の策定から、テストの推進・進捗管理まで、運用テストに関する各種業務をご支援いたします。

03運用保守最適化支援

運用・保守開始後の改善、最適化を支援するサービスを提供いたします。PDCAサイクルの考え方に基づき、業務の改善を図っていきます。

PLAN

運用に関する具体的な目標を設定し、その実現に向けた計画を策定します。また、計画に基づいた新たな運用プロセス、ルール等の策定も支援いたします。

DO

策定した新運用プロセスを実行に移します。実行にあたっては、各種ツール、ドキュメントの整備、現場への教育等も支援いたします。

CHECK

計画と実際とのギャップ分析を行います。計画時に設定した各種目標値との乖離度合いの検証(定量分析)に加え、関係者へのアンケート、ヒアリング調査(定性分析)も実施いたします。成果物として、分析結果を踏まえた運用業務の評価レポートを作成いたします。

ACTION

分析結果を踏まえ、新たな改善策を立案いたします。運用プロセス、ルールはもちろん、業務手順、体制にまで踏み込んだ改善策を提案いたします。また、必要に応じてシステムの改修プランも策定いたします。